お酢で内臓脂肪を減らそう

お酢にはダイエット効果があります。
また、その他にも様々な健康効果がありますので、積極的に摂取したい調味料です。

 

お酢にはバナナ酢やりんご酢、黒酢など様々な商品があります。

 

お酢を摂取することによって、食事から取り込んだ栄養のエネルギー代謝を促進させる効果を持っています。

 

これは、お酢に含まれているアミノ酸によるもの。
アミノ酸は新陳代謝を活性化させて内臓の働きや細胞の代謝を高めることができるので基礎代謝量が上がって痩せやすく、太りにくい体質を作り上げることができます。

 

また、お酢によって脂肪の分解を行っているリパーゼという酵素の働きを活性化させることができます。
これによって、効果的な脂肪燃焼を行うことができます。

 

お酢、と言えば酸っぱいですよね。
そのため、お酢は酸性です。
しかし、食品の分類でみるとアルカリ性食品に分類されます。
これはお酢を摂取することによって血液をアルカリ性に傾けることができるからです。

 

健康的な身体というのは、弱アルカリ性に保たれています。
しかし、現代の食生活は酸性に傾けやすいため、血液がドロドロになったり、代謝が低下したり、疲れやすくなってしまいます。

 

そこでお酢を摂取することで身体を弱アルカリ性に戻して健康的な身体を維持することができるのも大きな魅力のひとつだといえます。

 

お酢を食事に取り入れよう

お酢が内臓脂肪を燃焼させることが分かったところで、1日あたりどの程度摂取すれば良いのでしょうか。

 

内臓脂肪を燃焼させる効果的な目安量としては、1日あたり15〜30mlだと言われています。

 

理想的なタイミングは食後です。
お酢は酸性ですので、胃に大きな負担がかかってしまいます。
そのため、食事を取って胃の中に物が入っている状態で飲むのがベストだとされています。

 

とはいえ、お酢をそのまま飲むのは辛いですよね。
水に薄めてもいいですし、ハチミツを入れて飲むのもOK。
また、フルーツ酢(りんご酢やバナナ酢など)を活用すれば比較的続けやすいです。

 

オススメなのはお酢を炒め物や揚げ物にかけて食べること。
例えば、から揚げにレモンをかけて食べますよね。
これと同じ感覚でお酢を利用するとサッパリとした味わいになります。

 

また、お酢は塩味を強くするという特性を持っています。
そのため、比較的薄味に作ってもお酢をかけることでしっかりとした味付けに感じることができ、減塩効果も期待できます。