メタボって何?

最近メタボリックシンドローム、メタボといった言葉が多くの人に広まってきました。

 

太っている人を見れば、メタボ、メタボと言う人が多いですが、実際は太っていなくてもメタボリックシンドロームになりえるということを覚えておかなくてはなりません。

 

メタボリックシンドロームの特徴だと思われがちな点は

 

・太っている
・お腹がでっぷりしている
・中高年に多い

 

というものですが、これらはメタボリックシンドロームになるリスクが高い、というものです。

 

まるで持ちネタのように「健康診断でメタボって言われちゃったよ!」と振舞う人がいますが、危機感が足りていないといわざるを得ません。

 

メタボリックシンドロームは、あなたの身体にとって深刻な状況であることを知っておかなくてはなりません。

 

 

メタボリックシンドロームって何?

メタボリックシンドロームは、【内臓脂肪症候群】とも言われています。

 

単純に肥満であるだけでなく、身体の中で複数の異常・病気が起こっている状態のことを指します。

 

内臓脂肪症候群は腸の周辺や内臓の周りに脂肪がたっぷりと蓄積されている状態を言います。

 

この内臓脂肪によって、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を引き起こすリスクが格段に跳ね上がってしまいます。

 

そのままメタボリックシンドロームが進行していくと、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす原因である動脈硬化を加速させていきます。
また、この過程において様々な合併症を生み出すことも。

 

【メタボリックシンドローム予備軍】という言葉を耳にしたことは無いでしょうか。
これは「もうちょっとでメタボですよ」という意味ではなく「もう既にメタボに片足を突っ込んでいますよ」という意味です。
たとえ予備軍であったとしても油断せずに、すぐに対策を採るようにしましょう。

 

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボの診断基準は平成17年に新しく策定されたものが採用されています。

 

以下が基準になります。

 

1.腹囲
腹囲が基準値よりも高い場合、内臓脂肪型肥満として判断されます。
おおよそへその辺りのウエストサイズを測ります。

 

男性であれば85cm以上、女性は90cm以上で【内臓脂肪型肥満】だと判定されます。

 

2.血清脂質
血液中に含まれる中性脂肪値や、コレステロール値もメタボの判断基準となっています。

 

・中性脂肪(トリグリセライド)が150mg/dl以上
・HDLコレステロールが40mg/dl未満

 

これらのいずれか、あるいは両方が当てはまる場合は血清脂質に異常があると判断されます。

 

3.血圧
メタボの判断基準のひとつに高血圧が挙げられます。
測定値は以下の通り。

 

・収縮期血圧が130mmHg以上
・拡張期血圧が85mmHg以上

 

これらのいずれか、あるいは両方が当てはまる場合は高血圧だと判断されます。

 

4.血糖値
空腹時の血糖値が110mg/dl以上であった場合には高血糖であると判断され、メタボの基準のひとつとなります。

 

腹囲と他の3項目のうち2項目以上が該当する場合にメタボリックシンドロームと診断されます。

 

例えば、血清脂質と血圧に異常があったとしても腹囲が基準値以内であればメタボと診断されないというわけです(もちろん身体が健康であるとは言えませんが)。

内臓脂肪と関係が深いメタボとは関連ページ

内臓脂肪は高脂血症を引き起こす
内臓脂肪は高血糖を引き起こす