注目の成分アディポネクチン

内臓脂肪型肥満や糖尿病などの生活習慣病がとても増えている現代社会において、今注目を集めている成分があります。
それはアディポネクチンという成分。

 

アディポネクチンは善玉ホルモンのことで、血管内の悪い部分を修復する作用を持っています。

 

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されることが分かっています。
「脂肪細胞って脂肪を溜め込む部分でしょ?」
と思う方もいると思いますが、実はホルモンの分泌も行っていることが近年の研究でわかりました。

 

脂肪細胞が適切に機能している場合、善玉ホルモンと悪玉ホルモンがバランスよく分泌されます。
しかし、内臓脂肪が増えている状態になると善玉ホルモンであるアディポネクチンの分泌量が激減することが分かっています。

 

このアディポネクチンの量が減少すると生活習慣病のリスクが高まります。

 

メタボ対策との関係性

メタボとアディポネクチンには深い関係があります。
健康的な人の体内には多くのアディポネクチンが存在しています。
これによって

 

・血行をスムーズにする
・血栓が出来にくくする
・血圧をコントロールする
・血糖値をコントロールする
・血中の中性脂肪値を下げる

 

などの効果があります。
また、アディポネクチンが十分に分泌されていれば、食欲をコントロールしているレプチンというホルモンの働きを活性化させて食べすぎの防止を行うことができます。

 

しかし、内臓脂肪が多くなってくると脂肪細胞は大きく膨れ上がっていき、アディポネクチンの分泌量が低下してしまいます。
これによって

 

・血圧の上昇
・血糖値の上昇
・中性脂肪の上昇
・食欲のコントロールが出来ない

 

などの症状が現れるようになります。
つまり、メタボを一気に進行させてしまう、ということだと言えます。

 

内臓脂肪が先か、アディポネクチンが先か

ここまで読み進めていくと「内臓脂肪が蓄積することでアディポネクチンの分泌量が減るんだ」という結論に至ります。

 

しかし、アディポネクチンは加齢によって分泌量が低下することが分かっています。
つまり、中高年の内臓脂肪の増加は加齢によるアディポネクチンの減少が原因であると考えることが出来ます。

 

内臓脂肪を増やすような食生活によってアディポネクチンが低下する場合と、加齢によってアディポネクチンの分泌量が低下して内臓脂肪が蓄積される場合の2つのパターンが考えられます。

 

そのため、メタボを気にし始める中高年の方は、内臓脂肪を増やすような高カロリー、高脂質な食事を改めること、そして内臓脂肪を消費する運動習慣を取り入れることを意識した生活を送るようにしましょう。