内臓脂肪と皮下脂肪

内臓脂肪も皮下脂肪の、身体のために必要な脂肪です。

 

皮下脂肪は、名前の通り皮膚のすぐ下にある脂肪のことを言います。
体型などは皮下脂肪によって大きく変わってきます。

 

一方の内臓脂肪は内臓の周辺に蓄積されていく脂肪のことを言います。

 

脂肪は預金に例えられることが多いです。
皮下脂肪は定期預金。
内臓脂肪は普通預金だといわれます。

 

皮下脂肪は蓄えるのもゆっくりですが、消費するのもゆっくり。
内臓脂肪は蓄えるのも早いですが、消費するのも早いという特徴があります。

 

実際にダイエットをしたことのある人なら経験があるかと思います。
ダイエットをして体重が減ったにも関わらず、見た目は全然変化が無い。
ちょっとお腹をへこませることは比較的簡単に出来るけれど、太ももや二の腕の脂肪がなかなか落ちない、など。

 

これらは皮下脂肪と内臓脂肪の特性の違いによって起こっていると考えることができますね。

 

ちなみに皮下脂肪は女性の方がつきやすく、内臓脂肪は男性のほうがつきやすいという特徴があります。

 

これはホルモンによる影響で違いが生じていると考えられています。

 

男性に内臓脂肪がつきやすい理由

どうして男性のほうが女性よりも内臓脂肪がつきやすいのでしょうか。
これは女性ホルモンと男性ホルモンの違いによって起こっています。

 

男性ホルモンというのは筋肉の発達を促し、筋肉質な、いわゆる男性らしい体型を作り出す役目を持っています。
そのため、男性は筋肉量が女性よりも多いため、運動による筋肉の消費エネルギーが大きいというわけです。

 

筋肉によるエネルギー消費が多い分、即効性のあるエネルギーを蓄える必要があります。
そのため男性はエネルギー燃焼に優れている内臓脂肪を蓄えやすい、というわけです。

 

一方の女性ですが、女性は妊娠したときに胎児を外部の衝撃や刺激から守らなくてはなりません。
そのためにクッション剤として皮下脂肪が大きな役割を持ちます。

 

これに適した体型を作り上げるために女性ホルモンは多く皮下脂肪を溜め込むように作られています。
また、女性は男性ほど筋肉量が多くないので、どちらかと言えば内臓脂肪よりも皮下脂肪が大事。

 

これが男女間の脂肪のつき方の違いに現れているということになります。

 

皮下脂肪はゆっくりと蓄積される

内臓脂肪はちょっとした暴飲暴食や運動不足によってすぐに蓄積されていくという特徴があります。
その分、すぐに燃焼されるため、使い勝手のよいエネルギー源である、と解釈することができますね。

 

では皮下脂肪はどうなのかと言えば、実は皮下脂肪は簡単には溜まらないことがわかっています。

 

例えば、暴飲暴食を繰り返したからといってすぐに太ももが太くなったりするでしょうか?
そんなことはありませんよね。

 

皮下脂肪は長年に渡ってじっくりと蓄積されていくものです。
また、その分消費するスピードもゆっくりとしたものです。
先に内臓脂肪からエネルギーとして消費されていくわけですので、簡単に消費されないのも納得です。

 

そのため、ダイエットをしたいと考える人は先に内臓脂肪を燃焼させてから皮下脂肪を燃焼させる必要があるということになります。