内臓脂肪とは

内臓脂肪は名前の通り内臓につく脂肪のこと。
健康を気にする人なら誰もが耳にしたことがあると思います。
今までは【ダイエットと言えば体重を落とせばOK】と考える人が多かったのですが、最近では【体重を落とすのではなく、体脂肪や内臓脂肪を落とすことが大事】という流れにシフトしています。

 

不摂生な生活習慣によって内臓脂肪が溜まる、【メタボリックシンドローム】という言葉が広く浸透するようになりました。
また、同様に【内臓脂肪症候群】という言葉も生まれています。

 

内臓脂肪は、内臓の周りや腹筋の内側、あるいは粘膜の表面部分にこびりついた脂肪のことを言います。

 

一般的に内臓脂肪は男性に多く、皮下脂肪が女性に多いとされています。
これはホルモンによる関係があると考えられています。
実際に、【内臓脂肪】をテーマにした商品などを見るとモデルの方は男性が多いですよね。

 

内臓脂肪が溜まる原因には高カロリー、高脂質な食事やアルコールによるものが代表的です。

 

内臓脂肪が問題視される理由

「内臓脂肪がたくさんあるのは不健康だ」
誰もがそう思っています。
ではなぜ内臓脂肪がここまで問題視されているのでしょうか。
それは内臓脂肪が様々な病気を引き起こす原因となっているからです。

 

内臓脂肪が大量に蓄積されることによって、【生理活性物質】という物質が大量に分泌されるようになります。
また、血糖値をコントロールするインスリンというホルモンの分泌にも乱れが生じます。
これらの原因によって高血圧、代謝異常、高血圧などが起こってしまいます。

 

これらの状態をそのまま放っておくと動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの命に直接関わる大きな病気へと発展してしまいますので【危険だ】と言われているのです。

 

内臓脂肪が多い状態を内臓肥満と言います。
この内臓肥満の人は、健康的な人と比較すると糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが大幅に上昇することが分かっています。

 

内臓脂肪というのは、見た目では判断できないことが多いです。
細身の人で一見ダイエットとは無縁に見える人であっても、実は内臓肥満だった、というのは良く耳にしますね。

 

たとえ痩せている人であっても、不規則な生活や乱れた食習慣、運動不足などを繰り返すと内臓脂肪がドンドン溜まってしまうため注意が必要です。

 

内臓脂肪は簡単に落とせる

ダイエットなどで落としたい脂肪は【皮下脂肪】です。
ダイエットをしたことがある人なら分かると思いますが、皮下脂肪は簡単には落とすことが出来ません。

 

しかし内臓脂肪は皮下脂肪と比較して、簡単に落とすことができます。

 

というのは、内臓脂肪は人間が生きていくために必要な臓器のエネルギーになりやすいからです。

 

そのため、ちょっとした運動習慣をつけたり、食生活を見直すだけで比較的簡単に内臓脂肪を落とすことができます。

 

まずは生活習慣の見直しをして内臓脂肪がつかない食生活を心がけること。
そして全身の代謝をアップさせる運動習慣を取り入れることが大事です。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪も皮下脂肪の、身体のために必要な脂肪です。

 

皮下脂肪は、名前の通り皮膚のすぐ下にある脂肪のことを言います。
体型などは皮下脂肪によって大きく変わってきます。

 

一方の内臓脂肪は内臓の周辺に蓄積されていく脂肪のことを言います。

 

脂肪は預金に例えられることが多いです。
皮下脂肪は定期預金。
内臓脂肪は普通預金だといわれます。

 

皮下脂肪は蓄えるのもゆっくりですが、消費するのもゆっくり。
内臓脂肪は蓄えるのも早いですが、消費するのも早いという特徴があります。

 

実際にダイエットをしたことのある人なら経験があるかと思います。
ダイエットをして体重が減ったにも関わらず、見た目は全然変化が無い。
ちょっとお腹をへこませることは比較的簡単に出来るけれど、太ももや二の腕の脂肪がなかなか落ちない、など。

 

これらは皮下脂肪と内臓脂肪の特性の違いによって起こっていると考えることができますね。

 

ちなみに皮下脂肪は女性の方がつきやすく、内臓脂肪は男性のほうがつきやすいという特徴があります。

 

これはホルモンによる影響で違いが生じていると考えられています。

 

男性に内臓脂肪がつきやすい理由

どうして男性のほうが女性よりも内臓脂肪がつきやすいのでしょうか。
これは女性ホルモンと男性ホルモンの違いによって起こっています。

 

男性ホルモンというのは筋肉の発達を促し、筋肉質な、いわゆる男性らしい体型を作り出す役目を持っています。
そのため、男性は筋肉量が女性よりも多いため、運動による筋肉の消費エネルギーが大きいというわけです。

 

筋肉によるエネルギー消費が多い分、即効性のあるエネルギーを蓄える必要があります。
そのため男性はエネルギー燃焼に優れている内臓脂肪を蓄えやすい、というわけです。

 

一方の女性ですが、女性は妊娠したときに胎児を外部の衝撃や刺激から守らなくてはなりません。
そのためにクッション剤として皮下脂肪が大きな役割を持ちます。

 

これに適した体型を作り上げるために女性ホルモンは多く皮下脂肪を溜め込むように作られています。
また、女性は男性ほど筋肉量が多くないので、どちらかと言えば内臓脂肪よりも皮下脂肪が大事。

 

これが男女間の脂肪のつき方の違いに現れているということになります。

 

皮下脂肪はゆっくりと蓄積される

内臓脂肪はちょっとした暴飲暴食や運動不足によってすぐに蓄積されていくという特徴があります。
その分、すぐに燃焼されるため、使い勝手のよいエネルギー源である、と解釈することができますね。

 

では皮下脂肪はどうなのかと言えば、実は皮下脂肪は簡単には溜まらないことがわかっています。

 

例えば、暴飲暴食を繰り返したからといってすぐに太ももが太くなったりするでしょうか?
そんなことはありませんよね。

 

皮下脂肪は長年に渡ってじっくりと蓄積されていくものです。
また、その分消費するスピードもゆっくりとしたものです。
先に内臓脂肪からエネルギーとして消費されていくわけですので、簡単に消費されないのも納得です。

 

そのため、ダイエットをしたいと考える人は先に内臓脂肪を燃焼させてから皮下脂肪を燃焼させる必要があるということになります。

内臓脂肪とは一体何か?記事一覧

食の欧米化が進み、今では高カロリー、高脂質な食事が当たり前になってきました。これが内臓脂肪を溜める最も大きな原因である、と考えられています。脂質の高い食事が増えると、当然その分多くのカロリーを摂取することになります。摂取された食事は一度エネルギーという形に変換されて血液の中に溶け込みます。消費されれば良いのですが、消費されなかった分のエネルギーは脂肪細胞や肝臓へと運ばれていきます。そこで中性脂肪に...

内臓脂肪がたっぷりとついた状態で放置していると、様々な病気などを引き起こすきっかけとなります。病気になる前に効果的に内臓脂肪を減らしていきたいところですよね。効果的に内臓脂肪を減らすためには適度な運動やカロリーコントロールが必要となります。運動不足によって消費されなかったエネルギーが脂肪として蓄積されていくわけですので、運動でエネルギーをしっかりと消費してあげることで脂肪が蓄積されていくのを防ぎ、...

内臓脂肪も皮下脂肪の、身体のために必要な脂肪です。皮下脂肪は、名前の通り皮膚のすぐ下にある脂肪のことを言います。体型などは皮下脂肪によって大きく変わってきます。一方の内臓脂肪は内臓の周辺に蓄積されていく脂肪のことを言います。脂肪は預金に例えられることが多いです。皮下脂肪は定期預金。内臓脂肪は普通預金だといわれます。皮下脂肪は蓄えるのもゆっくりですが、消費するのもゆっくり。内臓脂肪は蓄えるのも早いで...

肥満、と聞いたら、太っているというイメージがあります。もちろん、その認識で正解です。しかし、内臓脂肪型肥満は外見上は太って見えない場合があるので注意が必要となります。そもそも肥満には2種類があります。内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の二つです。皮下脂肪型肥満皮下脂肪型肥満は皮下脂肪が多い肥満のことを言います。お尻や太ももに脂肪が蓄積して下半身がふっくらとしていることから【洋ナシ型肥満】と言われること...

食生活の欧米化が叫ばれる昨今、子どもの身体にも大きな影響が見られるようになっています。文部科学省の調べでは、30年間の間に【肥満傾向のある子ども】が2〜3倍にまで膨れ上がっているという結果が出ました。なんと子どもの10人に1人が肥満である、と言われています。中でも男子の肥満率は高く、これからどんどん増えていくのではないかと危惧されています。この子どもの肥満の背景には食生活の変化や運動習慣の変化など...